歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開ける

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。
確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から作られています。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ