重要な確認事項として、インプ

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにひたすら辛抱が大事です。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ