人工歯根をあごの骨に埋め込むのがイ

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。
歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ