他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異な

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
http://www.saninsns.net

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ