人工歯根をあごの骨に埋め込むのがイ

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
日々のケアが欠かせません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ