インプラントは歯根部がチタン製であるこ

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ