インプラントはどのくらい保つの

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
実は、かかる費用は歯科医院それぞれで大きく異なります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ