よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れ

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。
現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって大きく異なります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ