インプラント治療を希望する代表例とし

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ